食品

日本品质

绝品松软嫩滑美食! 金叶庭(六本木)的牛玉饭吃过让人念念不忘

食乐web

  这天下午在赤坂开完会时间已经过了5点半,之后还有个碰面,想着尽快解决晚饭,所以在赤坂见附车站附近找找看,顺着站前大街一路走过去,发现一家有些怀旧感觉的中华料理店。

  看了一下外面放的菜单,感觉倒是不贵。门口贴着两张海报,分别是炒乌冬面(皿うどん)和蔬菜杂烩(ちゃんぽん),估计这两个大概是店家的招牌菜了。想想后面还约了谈事情,没有太多时间,就果断进店了。

店内。右边的吧台可以近距离看到店主的烹饪过程

  进店后右边是厨房和吧台座位,左边是餐桌座位。我到的时候大概是6点钟刚开店,店里还没见有什么客人。我只有一个人,所以选了吧台座位坐下,打开桌上准备的菜单,发现外面海报上的炒乌冬面和蔬菜杂烩都是980日元,特制红烧肉和蔬菜炒牛肉的单品都是1000日元左右,煎饺480日元、烧卖500日元,在赤坂这个地段,也算是良心价格了。而且从菜单上看虽然价格实惠,但量也不算少。

  正想着是不是点杂烩或炒乌冬面的时候发现了有意思的菜品,这就是“牛玉饭(滑蛋牛肉)”950日元。直接按照汉字来理解的话,大概是“顺滑鸡蛋的牛肉”,既不是中华炒饭也不是天津饭,难道是亲子盖浇饭的牛肉版本? 其他中华料理店没见过有这道菜,让人非常好奇。

  于是马上咨询来给点菜的服务员,服务员微笑地回答说:牛玉饭就是在米饭和牛肉的上面再盖上鸡蛋,刚做好的时候松松软软的哦!听了这个,我马上就想尝尝看了! 于是杂烩和炒乌冬面都留在下次再说,果断下单牛玉饭!

虽然第一次吃却让人念念不忘的牛玉饭

牛玉饭(滑蛋牛肉)950日元。要在鸡蛋放凉之前趁热吃!

  等了几分钟,眼前摆上了第一次吃的牛玉饭。鸡蛋松软晶亮,牛肉隐约可见,但米饭完全被遮住了。拿起勺子,赶快舀起一勺,恰到好处的中华料理高糖的舒适味道在口中扩散开来。

  鸡蛋与白米饭配合得恰到好处,牛肉更是绵香适口,入口即化,甚是美味。

中华料理中的鸡蛋总是给人油汪汪的感觉,但这道菜里的鸡蛋是完全不同的口感

  这时老板娘笑着说“有点儿像吃四喜锅最后打下的鸡蛋?在中华料理中找到那种口感了吧?”

  确实如此,与其说吃到的是中华粥里的鸡蛋,不如说更像四喜锅最后打下的鸡蛋的口感。但不像四喜锅里那种浓厚的砂糖和酱油的口味,而是低调的中华高汤的香味把鸡蛋和牛肉的香味调动出来的感觉。

松软的口感搭配酥脆的春卷!

春巻780日元。外皮酥脆、馅料实在,专业厨师做出来的口味确实可圈可点

  意外美味的牛玉饭让我的食欲大增,自然就想再点些配菜,又拿起菜单点了春卷。虽然也想了是不是点煎饺或烧卖,但觉得既然牛玉饭是松软口感的,就搭配个酥脆的岂不享受。

  在牛玉饭吃到三分之二的时候刚炸好的春卷送了上来,第一口……烫! 知道刚出锅烫口,几乎每次吃春卷都等不及想赶快尝一尝。外皮酥脆、里面冒出热气来,什么都不蘸、白口吃就已经很赞了。

  馅料有香菇、猪肉、虾仁和提香蔬菜,这是中华料理春卷的老搭配,给人一种久违的亲切感,让人一下子放松下来。这里虽然是第一次来,但却不断感觉到莫名的放松感。

“可以受理打包外卖,提前电话联系”(店主)

  一边吃着牛玉饭和春卷环顾店内,原来这家店基本没有常见的中华料理店里的喧嚣烟火气,虽然可以近距离听到厨房烹饪的声音,但大概是店主夫妇配合默契,做每道菜都很平和。店内也没有贴各种推荐菜单的纸条,或者名人签名什么的,整体感觉低调平和。

  临走的时候问起牛玉饭为什么会做出那么松软的口感来,店主回答说,火太大了的话鸡蛋就发硬了,所以只是快速过一下油而已。听我说非常好吃,店主回答说:“这里只是保持过去的味道,开了几十年了,也没有什么特别的,就是一直没有变而已。”

  虽然算是赤坂区域,但离日枝神社更近一些,这家金叶亭位于赤坂站和赤坂见附站中间的位置。午餐时间只供应蔬菜杂烩和炒乌冬面,如果想吃牛玉饭,要在傍晚六点以后再来。如果时间充裕,除了煎饺和烧卖之类的,还提供绍兴酒(一杯800日元)和桂花陈酒(一杯650日元),看起来是可以边喝酒边慢慢享用美味的好去处。

●SHOP INFO

店名:金叶亭

地址:东京都港区赤坂3-7-9
TEL:03-5570-2626
营业时间:11:30~14:00(最后下单时间)、18:00~21:00(最后下单时间21:00)
休息日:周六、周日、公休节日

絶品トロふわグルメ! 『金葉庭』(六本木)の「牛玉丼」を食べてきた

食楽web

 赤坂での打ち合わせが17時半過ぎに終了。次の打ち合わせ前に早めの夕ご飯を食べようと、赤坂見附駅周辺をふらふらしていたところ、大通りから1本入ったところに、どこか懐かしい雰囲気の中華料理店を発見。

 表においてあるメニューを見たところ、そんなに高くはなさそう。皿うどん、ちゃんぽんと書かれた貼り紙を見た感じでは、この2つが人気メニューなのかも? 次の打ち合わせもあることだし、迷う前にさっさと食べよう! と決心し店内へと入ります。

店内。右側カウンター席からは、店主が調理する姿が間近で見られる

 店に入ると、右にキッチンとカウンター席、左側はテーブル席。18時というオープン直後の時間のせいか、お客さんの数はまばらです。一人なのでカウンター席に着き、卓上にあるメニューを広げます。貼り紙にあったちゃんぽんと皿うどんは各980円。特製角煮や牛肉の青菜炒めなど一品料理は1000円前後、餃子480円、焼売500円と、赤坂という土地柄から考えて良心的な価格設定。写真を見る限り、安いイコール少量、ということもなさそうです。

 やはりここは、貼り紙を信じてちゃんぽんか皿うどんかなぁ~。などと考えていると、気になるメニューを発見。それは「牛玉飯(滑蛋牛肉)」(950円)。漢字をそのまま訳せば滑らか卵(蛋)の牛肉。チャーハンでもなく、天津飯でもなく、親子丼の牛肉バージョン? 他の中華料理店では見た記憶のないメニュー、これは気になります。

 とそこに、お店の人が注文を取りに来たので早速質問です。「牛玉飯は、ご飯と牛肉の上に卵が乗ったものですよ。できたては本当にフワッフワですよ」とニッコリ。となると、余計食べたくなる! ちゃんぽんと皿うどんは次回にして、「牛玉飯」をオーダーです!

初めてなのにどこか懐かしい味わいの牛玉飯

「牛玉飯(滑蛋牛肉)」950円。玉子が冷める前の熱々ふわふわで味わうべき!

 待つこと数分、目の前に現れた初めての料理、「牛玉飯」。卵がフワッフワのツヤッツヤ。ところどころ牛肉が見えるけれど、ゴハンはすっぽり隠れて見えません。スプーンをもらい、早速一口。程よい中華だしの優しい味わいが口の中に広がります。

 トロトロと噛まずに溶けていく玉子に、しっとり白ごはん、そして牛肉の旨み。柔らかなものを口いっぱいに頬張ったような、とろける食感です。

中華料理の卵って、油たっぷりのパワフルなイメージがあったけれど、覆されるやさしい味わい

「すき焼きのシメに卵を落として食べるの、あれを中華だしで味わっている感じでしょ?」と笑顔で話しかけてくれるおかみさん。

 中華粥というよりすき焼きのシメ。でももっとふわふわでエアリー。すき焼きの砂糖醤油のような力強さはなく、控えめな中華だしの旨さが卵や牛肉など素材の旨みを引き立たせている感じです。

ふわふわに対してサクッ&パリッの春巻きも一緒に!

「春巻」780円。皮のパリッと感、中のシットリ感、やはりプロの味は違うと実感

 想像していた以上に美味しい「牛玉飯」に、食欲も加速。こうなったらサイドメニューも気になる、と思い、もう一度メニューをチェックし、追加で「春巻」も注文します。餃子や焼売も悩んだけれど、「牛玉飯」がトロフワなので、サイドメニューはパリッとした食感の違うものを楽しみたい。

「牛玉飯」を2/3ほど食べ進めたところで揚げたての春巻がやってきました。一口目は……熱いっ! 慌てて食べたらダメだとわかっているのに、つい毎回やってしまう春巻あるある。皮はパリッパリ、そして中から湯気の立つあんが。何もつけずそのままを味わいます。

 中のあんは、タケノコ、しいたけ、豚肉、エビと香味野菜。いわゆる昔ながらの春巻です。これまたどこか懐かしさを感じる、ホッとする美味しさ。なんでだろう、この店、初めて入ったのに、ホッとすることの連続です。

「テイクアウトは応相談。事前に電話でご連絡ください」(店主)

「牛玉飯」と「春巻」を食べつつ、ぼーっと店内を見ていてわかった。この店、中華料理店にありがちな、ガチャガチャ騒がしい感じがほとんどない。厨房からの距離が近いから調理する音は聞こえるけれど、おそらく店主夫婦の連携が完璧なのか、穏やかに料理が出てくる感覚。店内もメニューの短冊やサインとかはなく落ち着いた空間なのも、ガチャガチャ感がないのに通じているような気がします。

 帰り際、店主に、「牛玉飯」がなぜこんなにふわふわなのか聞いてみると「あんまり火が強すぎると固くなるので、さっとあげる感じですね」。とても美味しかったと告げると「うちは昔からそのままの味、何十年もやっているから、特別なことはなく、変わらない昔ながらの美味しさでやっているんですよ」とのこと。

 赤坂エリアといっても日枝神社に近い、赤坂駅と赤坂見附のほぼ中間地点にある『金葉亭』。ランチタイムはちゃんぽんと皿うどん2種のみなので、「牛玉飯」を食べるなら18時以降に来店を。時間があれば、餃子や焼売はもちろん、「紹興酒」(グラス800円)や「桂花陳酒」(グラス650円)とともに、ゆっくり飲んで料理を楽しみたいお店でした。

●SHOP INFO

店名:金葉庭(キンヨウテイ)

住:東京都港区赤坂3-7-9
TEL:03-5570-2626
営:11:30~14:00(L.O.)、18:00~21:00(L.O.21:00)
休:土曜、日曜、祝日