日本品质

实际考察为金属表带腕表带来变革的杰作 爱彼皇家橡树ROYAL OAK

如今社会潮流追求具备可持续性发展性的商品,在钟表界则是对金属表带腕表的需求走高。最早的男士腕表是起源于怀表与皮革表带的组合创意,而随着在实用性和耐用性方面的需求,之后又诞生了金属表带。在这方面虽然已经出现了很多类型,但爱彼(AUDEMARS PIGUET)金属表带的杰作款无疑带来革命性的影响,下面一起来详细解读。

爱彼 皇家橡树 自动腕表 Ref.15500ST.OO.1220ST.02 236万5000日元

在2000年时重新被发现的豪华运动腕表的原点

对于表壳与表带一体化设计的紧凑型腕表设计,通常称为豪华运动腕表。究其根源,则可以追溯到1972年发布的爱彼皇家橡树和1976年发布的百达翡丽Nautilus鹦鹉螺。这两款杰作腕表都是由已故的被誉为“钟表界的毕加索”的Charles Gérald Genta操刀设计的,从此后的众多优秀的豪华运动表设计就可知其功绩的影响力。

但这些设计也不是持续流行的,在2000年之后的几年里,也曾经历了二次流通市场上的认可价格不到现在的五分之一的时期。而“豪华运动腕表”这个概念则是在2004年成功发布罗杰杜彼的“EASY DIVER”时才确立下来的。这一波流行趋势使皇家橡树和鹦鹉螺被陆续重新发现,皇家橡树为其诞生30周年的2006年,而鹦鹉螺则是在40周年的2012年,现在已经成为一股潮流,确立下来一大类别。

在早年的石英风暴之中,皇家橡树和鹦鹉螺创出了机械表的新价值观,同样在后新冠时代,更是进入追求可持续性的发展的时代,不排除金属表带会成为未来的新标准的可能性。

爱彼 皇家橡树 自动腕表Ref.15500ST.OO.1220ST.01 236万5000日元/自动上弦(自产Cal.4302)、每小时振动2万8800次、70小时动力储备。不锈钢表壳(透明表背)&金属表带。直径41mm、厚度10.4mm。50m防水

 

1972年,为了克服石英风暴,首款皇家橡树成为当年爱彼腕表的主打,如今则成为豪华运动腕表的标志性存在,而其之后的升级款型及装有时计码表款等各个款型则形成独具魅力的系列。

ブレスレットウオッチに革命をもたらした傑作時計「オーデマ ピゲ ロイヤル オーク」を考察

持続可能な製品が好まれる現在、時計界ではブレスレットウオッチのニーズが高まっている。そもそも男性用腕時計の起源は、懐中時計に革のストラップを組み合わせたものとされており、より実用性と耐久性を求めることからブレスレットが誕生した。現在までに様々なタイプが登場してきたが、ここではブレスレットウオッチに革命をもたらした「オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)」の傑作モデルについてひも解く。

オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク オートマティック」Ref.15500ST.OO.1220ST.02 236万5000円

2000年代に“再発見”されたラグジュアリースポーツウオッチの原点

ケースとブレスレットが一体化したようなデザインのスマートなスポーツウオッチは、ラグジュアリースポーツウオッチ(通称、ラグスポ)と呼ばれている。この源流をたどると、1972年リリースのオーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」や、1976年のパテック フィリップ「ノーチラス」に行きつく。この両傑作時計は、いずれも“時計界のピカソ”と称される故ジェラルド・ジェンタがデザインを手掛けており、その後ラグスポモデルに秀作が多いことを考えると、彼の功績がいかに大きかったかがわかる。

しかし、実はこれらが絶えず人気をキープしていたわけでもない。2000年代初頭には、2次流通市場で現在の5分の1以下の価値しか認められていなかった時代もあった。いわゆる“ラグスポ”という概念が成立したのは2004年発表のロジェ・デュブイ「イージーダイバー」の成功以降とされている。このトレンド発生過程で、ロイヤル オークとノーチラスも再発見され、後者は2006年の30周年に、前者は2012年の40周年を経て、一種のトレンドとなり、現在では一大ジャンルとして確立されている。

かつてクオーツショック下でも、ロイヤル オークやノーチラスといった新たな価値観を生んだ機械式時計が誕生したように、アフターコロナ時代、さらにはサスティナブルな取り組みが好まれる時代にあっても、新基準となるブレスウオッチが出現する可能性も考えられる。

オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク オートマティック」Ref.15500ST.OO.1220ST.01 236万5000円/自動巻き(自社製Cal.4302)、毎時2万8800振動、70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。直径41mm、厚さ10.4mm。50m防水

 

1972年、クオーツショック打開のため、初代ロイヤルオークはオーデマ ピゲの新機軸として開発された。現在ではラグスポモデルのシンボリックな存在となっており、後継モデルやクロノグラフ搭載モデルなど、幅広いラインナップが魅力となっている。