日本品质

WATCH NAVI新连载“金属表带兴起 vol.4”——复古风无表耳设计

钟表专业杂志《WATCH NAVI》的新一期连载“金属表带腕表”对腕表市场新热点金属表带款进行了解读。这里将深挖表壳和表带连接处没有表耳的设计代表作欧米茄星座系列的魅力。

创出优美流线的经典设计

虽然我们经常可以看到产品设计师完成的无表耳设计。但对于设计师来说,认为表耳是“把表带连接在表壳上的无奈存在”的也不在少数。对于追求去除或隐藏表耳来打造优美造型的设计思路来说,这款应该是一个很好的示例。

从这种意义上讲,欧米茄的经典系列“星座”堪称是无表耳设计的典范式存在。现行的设计于1982年首次推出,从表壳到表带的流畅过度效果打造了金属表带腕表的特有的灵巧感,让人倍感亲切怀旧。

 

在坚守设计传承中不断升级的欧米茄标准款

欧米茄 至臻天文台Ref.131.10.39.20.06.001 71万5000日元/自动上弦(自产Cal.8800)。不锈钢表壳(透明表背)&表带。弧拱形耐磨损蓝宝石玻璃表镜(双面防反光)。直径39mm。5个大气压防水

独家款1952年首次推出,于1982年改款为无表耳设计后一直沿用至今,此后这款设计成为欧米茄的代表款之一。从表壳上下的弧度过渡到表带的效果非常优美。除超过1万5000高斯的超高防磁配置外,同时装配具备欧米茄独有的同轴纵擒系统和硅材质游丝的天文台认证精密机芯8800。表针、品牌徽标、星形星座标、楔形刻度均采用18K Sedna金制成。


【到原网站查看图片】

 

详情垂询:欧米茄客户中心 TEL.03-5952-4400
https://www.omegawatches.jp/ja/

ウオッチナビ新連載「ブレスレットウオッチの台頭 vol.4」――ラグのないフォルムがレトロシックな趣き

現在の時計市場でトレンドに数えられるブレスレット付きモデルについて、時計専門誌『ウオッチナビ』が解説する新連載「ブレスレットウオッチ」。今回はケースとブレスレットを繋ぐラグを持たない代表作、オメガのコンステレーションの魅力を掘り下げる。

美しい流れを創出するこだわりのデザインと仕上げ

プロダクトデザイナーが手がけたウオッチでは、ラグを持たないデザインをしばしば目にする。“ラウンドにベルトを取り着けるための苦肉の策”――そうラグを捉えているデザイナーも少なくないようだ。要するにラグを排除、または見えなくすることは、美しいフォルムを生み出すためのひとつの回答といえる。

そうした意味でオメガのロングセラーシリーズ「コンステレーション」は、ラグレスモデルのシンボリックな存在といえる。現在のようなデザインとして世に登場したのが1982年のことで、ケースからブレスレットへと繋がる流麗なスタイルは、ドレスウオッチ特有のスマートさに加え、どこか懐かしさを感じさせるものとなっている。

 

伝統の意匠を守りつつ、進化を続けるオメガのスタンダードモデル

オメガ「コンステレーション マスター クロノメーター」Ref.131.10.39.20.06.001 71万5000/自動巻き(自社製Cal.8800)。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。ドーム型強化サファイアガラス風防(両面無反射加工)。直径39mm。5気圧防水

オリジナルモデルのデビューは1952年だが、1982年にラグレスデザインへのリニューアルを受けて現在の意匠が定着。以来、オメガの看板コレクションの一角をなしている。ケース上下のハーフムーンファセットからリンクブレスレットへの流れも優美だ。1万5000ガウス以上の超高耐磁スペックのほか、ブランド独自のコーアクシャル エスケープメント、シリコン製のフリースプラングテンプなどを備えるマスター クロノメータームーブメント、キャリバー8800を搭載する。針、ブランドロゴ、コンステレーションのアイコン=星、楔形インデックスに18Kセドナゴールドを使用。


【オリジナルサイトで画像一覧を見る】

 

問い合わせ先:オメガお客様センター TEL.03-5952-4400
https://www.omegawatches.jp/ja/