日本品质

百达翡丽PATEK PHILIPPE的新款速报旅行腕表CALATRAVA新款上市啦!

2015年发表当时在巴塞尔世界的会场看到的时候,笔者也被吓了一跳,Calatrava旅行时计"Ref.5524"。
令人联想起飞行员风格的设计中融合了实用的旅行时间的这款手表,在2018年增加了玫瑰金规格和37.5mm尺寸的小直径款式,作为表现百达翡丽丰富的创作风格的重要款式而持续制造。
这次发表的新款是这种飞行员风格的Calatrava所走过的路线组合模型。

 

白金套配合蓝色刻度盘的37.5mm直径模型

Pattec Philip"Calatrava、飞行员、旅行时间"Ref.G-octaming日元自动上弦(Cal.324S C FUS)。52707 72134 7234 001 5,577,000
最短35小时,最长45小时的电源储备。
每小时28800振动。
白金包。
直径37.5mm。
厚度为10.78mm。
拉力宽度为18mm。
小牛皮表带。
3气压防水。
10月发布

【在原创网站看图像一览

新作的特征为,2018年的玫瑰金上发表的37.5mm直径的表壳成为了白金。
这款Time Piece重新使用了2015年出道时的素材。
肩带采用了与哑光蓝色表盘的明亮式海蓝色小牛皮表带。
以固定飞行服的线束形状为灵感设计而成的白金制螺丝固定销扣。
另外,还附带有针脚给人留下深刻印象的复古棕色的皮革带子。

5524诞生的背景是1936年Pattec Philip设计的特殊时角表"Cylindometer"。
对于厂商来说,即使是在现代,制造飞行员风格的腕表也是非常自然的事情,因为飞行员已经开始制造简单、快速的"仪器"来确定当前位置。

当然,百达翡丽不仅将飞行员风格重塑为现代风格,还为现代旅行者增加了功能。
这就是1959年和1996年获得专利的旅行时间功能。
这是以中心的2个时针和2个时区变更用按钮为特征,不仅可以使表示当地时间的时针以1小时为单位前进或后退,还可以进行当地日期的指针显示。

最初以42mm发表的5524款和37.5mm的中型尺寸的7234款都具有相同的明快且简便的行程时间功能的机芯,部件数量为294个的自动卷扬机芯324S C FUS。
备有Spiromax(R)游丝的Gyromax(R)砝码摆,每小时28800振动。
中心转子配备21K金,最大可保持45小时的动力储备。

从磨得很漂亮的圆形Calatrava箱伸出的按钮上,装备了取得专利的安全系统。
通过采用在操作前将按键旋转1/4来解除锁定,完成设定后再返回的结构,用户不必担心错误地变更当地时间。
这种实用性的追求,也是百达翡丽是钟表界之王的原因。

这样一来,飞行员风格的Calatrava,无论是材质还是表盘颜色都有不同的2种尺寸。
不管怎么说,由于是世界上最高的品牌,因此并不是轻易就能达到的,但是作为情侣手表也能让人享受的变化,在这款手表中,百达翡丽充满了信心。

联系方式:Patec Philip Japan Information Center TEL.03-3255-8109
http://www.patek.com


パテック フィリップの新作速報 “トラベラーズ”カラトラバにニューバリエーションが登場!

2015年の発表当時にバーゼルワールドの会場で見たときに筆者も度肝を抜かれた、カラトラバ名のトラベルタイム「Ref.5524」。アヴィエータースタイルを彷彿とさせるスタイリングに実用的なトラベルタイムを融合させたそのタイムピースは2018年にローズゴールド仕様と37.5mmサイズの小径モデルが加わり、パテック フィリップの豊かなクリエイションを表現する重要なモデルとして継続製造が続けられている。このたび発表された新作は、こうしたパイロット・スタイルのカラトラバが歩んできた流れを組むモデルとなっている。

 

ホワイトゴールドケースにブルーダイアルを合わせた37.5mm径モデル

パテック フィリップ「カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 72134」Ref.7234G-001 557万7000円 自動巻き(Cal.324 S C FUS)。最小35時間、最大45時間パワーリザーブ。毎時2万8800振動。ホワイトゴールドケース。直径37.5mm。厚さ10.78mm。ラグ幅18mm。カーフスキンストラップ。3気圧防水。10月発売

【オリジナルサイトで画像一覧を見る】

新作の特徴は、2018年にローズゴールドで発表された37.5mm径のケースが、ホワイトゴールドになったこと。このタイムピースが2015年にデビューした際の素材を、改めて用いたわけである。ストラップは、マットブルーのダイアルに合わせたブリリアント・ネイビーブルーのカーフスキン・バンドを装着。飛行服を固定するハーネスの形状に着想を得たホワイトゴールド製のネジ止めピンバックルを装備。さらに、ステッチが印象的なヴィンテージ・ブラウンのレザーストラップも付属する。

そもそも5524が誕生する背景には、1936年にパテック フィリップが手がけた特殊な時角時計「サイドロメーター」があった。パイロットが簡単かつ迅速に、現在位置を求めることのできる“計器”さえも手がけていたマニュファクチュールにとって、現代でもパイロットスタイルのタイムピースを製造することはごく自然なことなのだ。

もちろん、パテック フィリップはパイロット・スタイルを現代に蘇らせるだけではなく、現代のトラベラーに向けた機能も追加することを忘れなかった。それが、1959年と1996年に特許を取得しているトラベルタイム機能だ。これは、センターの2本の時針と2つのタイムゾーン変更用プッシュボタンを特徴とし、現地時刻を示す時針を1時間刻みで前進、または後退させることが可能なだけでなく、現地の日付の指針表示まで行うことができる。

最初に42mmで発表された5524モデルと37.5mmのミディアムサイズになった7234モデルともに共通する明快かつ簡便なトラベルタイム機能が組み込まれたムーブメントは、部品数294個の自動巻きキャリバー324 S C FUS。Spiromax(R)ひげゼンマイを備えたGyromax(R)テンプを備え、毎時2万8800振動。センターローターに21Kゴールドを備え、最大45時間のパワーリザーブを保持している。

美しく磨きあげられたラウンド型のカラトラバ・ケースから伸びるプッシュボタンには特許取得のセキュリティー・システムを装備。操作の前にプッシュボタンを1/4回転させてロックを解除し、設定を終えたらまた戻すという構造により、ユーザーが誤って現地時刻を変更してしまう心配はない。こうした実用性の追求もまた、パテック フィリップが時計界の王である所以だろう。

これで、パイロット・スタイルのカラトラバは、素材も文字盤色も異なる2サイズが揃ったことになる。なにしろ世界の最高峰ブランドゆえ気軽に手の届くものではないが、ペアウオッチとしても楽しめるほどのバリエーションを揃えてきたところに、このタイムピースにおけるパテック フィリップの意気込みが伝わってくる。

問い合わせ先: パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL .03-3255-8109
http://www.patek.com